主権者教育(模擬投票)

2018年12月14日(金)
玉名市選挙管理委員会の方々3名をお迎えし、2年生を対象に主権者教育(模擬投票)が行われました。選挙権年齢が18歳に引き下げになり、新たに有権者となる高校生の政治や選挙への関心を高め、有権者として積極的に政治に参加するために必要な政治的教養の育成を目的として、講義、模擬演説、模擬投票、開票、結果発表まで行われました。玉名市選挙管理委員会の皆様、本日はありがとうございました。