小天天子宮 火の神祭り 本校生徒参加

10月10日に、天水町の小天天子宮で開催されたお祭りでの本校生徒の様子が、
「広報 たまな」12月号に掲載されました。
参加したのは、本校1年の池田啓悟君(天水中学出身)で、
故事にならい、烏帽子姿になり焚火の炭の上を火の粉をまき散らしながら、
素足で走り抜けたそうです。
「今回で4年連続ですが緊張しました」と話す、
彼のコメントも紹介されていました。
熱くなかったのかなぁ、よく頑張りましたね。